カップル

土地を購入するためのステップ|失敗しないために

人気があります

住居

様々な文化が融合

東京都中野区は、JRで新宿から一駅と非常に良い立地の街です。電車自体も、JRのほかにも丸ノ内線大江戸線、西武新宿線など様々です。また、最近では中野駅周辺の開発が進み以前は下町の駅と言った佇まいだったのが大都会のイメージに生まれ変わっています。それでいて、中野ブロードウェイは言わずと知れた秋葉原の血を受け継ぐサブカルチャーの聖地になっており、駅から少し離れれば昔ながらの民家が立ち並ぶ下町風情が残っている珍しい街でもあります。交通の便、立地が良く都会と下町の両方を楽しめる土地ですので、当然土地価格は安価ではありません。特に、再開発が行われた中野駅周辺は中野区の中でも土地の値段は高価になってきています。とは言え、場所を良く考えれば中野区の土地を購入するのも夢物語ではありません。例えば、同じ中野区でも中野駅と東中野駅周辺の土地を比較すると、東中野の土地はかなり安価になります。中野駅と東中野駅は隣り合っておりその間はJRで数分程度と言う事を考えればお買い得と言えると思います。また、西武新宿線沿いの土地はかなりお買い得の場所があります。例えば沼袋駅は駅前に商店街やスーパーが立ち並んでいますので、日常品や食材の購入には非常に便利な街であるのにもかかわらず、価格はかなり安価です。沼袋駅から中野駅までは歩いていくことも充分可能ですし、自転車ならより気軽に移動する事が出来ます。中野区の土地と言うと、非常に高価なイメージがありますが、場所を考えれば安価に購入することも可能なのです。